名古屋緊縛研究会は2002年に発足した江戸川裕主宰の緊縛を愛好する同好会です。

一般からの応募で緊縛志願した素人女性をモデルに起用し、毎月緊縛撮影会を名古屋で開催しています。

緊縛美。女性が縛られた美しい姿。

名古屋緊縛研究会は着衣、裸に関わらず女性が縄で縛られた美しい姿を追求する会です。そこにはいやらしいとか、変態というイメージとは違うアートな世界が繰り広げられます。

女性が縛られた美しくも悩ましい姿に魅了された者たちの集まりです。

それは男性だけに限りません。女性自らが縛られて見たいという願望を持ち、緊縛美に共鳴していただいた女性が自発的にモデル応募して緊縛撮影会が開催されます。

ジャンルとしてはSMの世界に含まれますが、緊縛は実際のプレイよりも女性が縛られた姿を一つの作品として表現する昭和の時代から続く日本独特の世界観です。海外で言うところのボンデージ(拘束的SM)とは違い、巧みに縛り上げた映像美を鑑賞する目的を持ちます。

それはあたかもアスリートが競技している瞬間の映像が美しいと思うのと同じく、縛られた女性の姿の瞬間、瞬間を映像に切り取る様なものです。

悩ましくも美しい女性の縛られた姿、表情、仕草を一つの絵画のように切り取る様に一般女性モデルの協力を得て緊縛撮影会を開催しています。

一般の男性で実際に女性を縛ったことがある方は少ないと思います。

女性一人一人、体系、年齢、嗜好に応じて縛ってみることでどんな感覚かが分かります。きつく縛りすぎたり緩すぎたり思うようなポーズに縛れなかったり、縄と生身の女性の肌の感触は実際にやってみなければ分からないものです。

名古屋緊縛研究会は一般女性にこだわります。プロのモデルの作られた演技、表情、仕草では本当の味は出ません。素人女性だからこそ一つ一つのリアクションが本当の緊縛美を醸し出すからです。

現在、撮影会員として関東方面から九州方面まで広く入会していただき、緊縛撮影会を開催しています。



名古屋緊縛研究会では随時、撮影会員と緊縛モデルを募集しています。

緊縛、SMに興味がありカメラを趣味とする男性。

実際に縄で女性を縛ってみたい男性。

現在、撮影会員として関東方面から九州方面まで広く入会していただき、緊縛撮影会を開催しています。

興味があり入会を希望する方は撮影会員募集案内を良く読みお申し込みください。




江戸川裕プロフィール

名古屋緊縛研究会 主宰

小学5年生の時、兄の机の引き出しの中にあった緊縛写真集を見て衝撃を受け、縄で縛られる女性の美しさの虜になる。以来、小学生の頃から毎月緊縛写真集を買うようになり、いつかは自分でも女性を美しく縛ってみたい願望を持つようになる。社会人を経て自ら緊縛撮影会を開催。2002年に名古屋緊縛研究会を発足。緊縛モデルは緊縛美に共鳴いただいた一般女性からの応募で基本的にプロの女性は使わない。
日本最高の名縄師、濡木痴夢男氏の芸術的な緊縛に心酔。縛り始めから終わりまでの一つ一つの過程が大切。年齢、体系、女性の持つ性的な感情や嗜好などその女性が持つ特徴に合わせた緊縛を心がける。




COPYRIGHT© MEIKINKEN.COM 2002-2017 ALL RIGHTS RESERVED.